読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りまりまだんの本拠地

プリキュアを応援しつつ、技術的なこととかを色々かくぞ

『できる同人誌即売会レジ構築』を読みました

同人誌即売会につきものの、売り上げ管理が面倒問題はレジを導入すれば解決するのかもしれない。と思いました。

本の情報(敬称略)

  • 執筆者:聖やきょう
  • サークル名:日本同人誌コード管理センター
  • ページ数:22p
    f:id:MofuMofu:20170416162430j:plain:w200

概要

同人誌即売会でレジを使うために必要な備品・機器(レシート用プリンターやバーコードリーダーなど)・準備方法・運用結果をまとめて記載している本

感想

まえがきの中で、次のように記載がありました。
突然ですが、筆者は算数が苦手です。
暗算が苦手です。単純な足し算引き算と九九程度なら何とかできますが、繰り上がりとか繰り下がりとか桁を跨いだ計算とかになるときに極端に混乱します。

超同意です。3桁の掛け算がスラスラできる人が信じられません。
というのはさておき、苦手な部分は科学の力に任せて自分のやるべきことに集中しようという姿勢がいいなと思いました。ITのあるべき姿ってこういうものなんだろうな、とか思いを馳せてしまいました。個人の努力でどうにもならないことってありますよね。

同人誌の売り上げは良く正の字で管理しているイメージですが、この本を参考にレジを導入してしまえば集計時間が半分くらいになりそうです。
本にもあるように、在庫の棚卸し時間を執筆に充てることができるのはすごくプラスだと思います。

レジまでとはいかなくても、在庫管理アプリを導入するだけでも楽になりそう。次の機会があれば何かしら導入してみたいです。机の上のスペースと相談ですが。

印象的だった部分

個人でレシート、出せるんですね。POSレジとか大型の機械じゃないと出せないと思っていました。

こちらが実際に出して頂いたレシートです。印刷には少し時間がかかりますが、普通のレシートと同じ(もしくはもっと綺麗)です。

f:id:MofuMofu:20170416162325j:plain:w200

レシートに記載する内容は会計用アプリで決めておき、印刷は簡易的なプリンターが行うスタイルでした。片手で持てるので持ち運びも楽なんだそうです。

本の内容以外で

プリンターとかバーコードリーダーとか、オークションやリース品を用いて購入できるそうです。自宅でネットワーク機器を運用する人がヤフオクとかでL3スイッチ買ったりするのは聞いたことがありますが…オークションって色々なものが出回ってるんですね。