りまりまだんの本拠地

りまりま団のもふもふちゃんがやっていくぞ

FY22_2Q振り返り_仕事編

担当プロダクト・役割は変更なし。 前回のNext Action振り返り 前回の振り返り 有償のストレングステストを受けて自己理解を進める 受けた。資質を34個に分解し、個人の高い資質を出してくれる。 自分は慎重さが1番で、その次に責任感、戦略性、分析思考、着…

FY22_2Q振り返り_業務外

業務外のこと 創作 きちんと技術書典13に間に合わせることができた。1Qの振り返りで記載した通り、ブログに書いてあることを元に加筆修正する作戦は有効だった。 技術書典の原稿、ゼノブレイド3発売前にほぼ書きおわっていてよかった。いい感じに記憶が抜け…

駆け出しエンジニアとモブプログラミングして気づいたこと

色々あって会社内でWebフロントエンド技術を学ぶ勉強会をやることになった。Webフロントエンド開発の経験がほとんどなく、これからやっていくぞ!というメンバーと少数(2・3人くらい)で週一回集まって、お題に沿ってモブプログラミングするみたいな内容で…

ゼノブレイド3感想(DLC Vol1まで、ネタバレあり)

シリーズのネタバレがあるので嫌な人はブラウザバックしてください。 シリーズは1・2、追加コンテンツ共に履修済みです。 ゼノブレイド1(DE)・つながる未来 ゼノブレイド2・黄金の国イーラ 全体的な感想 一時間くらいゼノブレイド3遊んだ感想これ #ゼノブレ…

ITIL 4 Foundation受験して合格した

表題の通りで、ITIL 4 Foundationを受験して合格できた。正答率は75%。65%で合格(26/40問正解)なのでまあまあというところ。 ITIL4 foundation合格できた。試験は苦手なので嬉しい。— もふもふ (@froakie0021) 2022年8月6日 受験のきっかけはたまたま職場…

質問されたときの受け答えアンチパターンとテクニック

この記事に記載の通りOJTトレーナーを任されたのでやっている。(新卒問わず)質問の受け答えを見ていて「うわ〜めっちゃもったいないなあ」と思うことが増えたのでメモしておく。 問われている内容が理解できない状態で回答する これは絶対やめた方がいい。…

O'ReillyのLeraning Platformに申し込んだ

表題の通りです。フリートライアル中ですがサブスク申し込みました。 www.oreilly.co.jp できること オライリーの資産を使って考えられるだけの学習コンテンツを提供したろ!感がある。下手にGoogle検索するより正確な情報が返ってくるかも。 オライリー出版…

Vue.jsのcreatedとmountedの違いを実コードで理解する

Vue.jsでアプリケーションを作る際、createdとmountedをよく利用する。しかし、いざ他人に違いを説明するときに「なんかわかってるつもり」だったかもと思うことがあったので調べ直した。Vue2.xも3.xも、createdとmountedについてはあまり変化はないように見…

FY22_1Q振り返り_業務外

業務外のこと 創作 オンラインですが、エンハンス開発サバイバルガイド 〜デバッグ編〜で参加しようと思います。技術書典13にサークル「りまりま団」として参加申込をしました! #技術書典 https://t.co/1bsPvVPSRp— もふもふ (@froakie0021) 2022年6月26日 …

FY22_1Q振り返り_仕事編

担当プロダクト・役割は変更なし。 前回のNext Action振り返り 前回の振り返り コミュニケーション系の本を読み、アンガーマネージメントについて学ぶ カッとならないようにマネジメントの勉強してもいいかも。ITILとか 『考えない練習』をお薦めされたので…

バグを見つけるために意識すること

UIの表示崩れやAPIリクエスト時のエラーは「見てわかる」のですぐ気付ける。ただ、アプリケーションに関するドメイン知識が絡む部分のバグは見落としやすい。どうやって見つけようか? 意識している心持ち 「これってそもそもさぁ…」というひねくれた気持ち…

エラー文から逃げないようにする

デバッグ時にエラーログを見ることになるが、見るだけで「ウワ〜」となってしまう。初めての言語・フレームワークだとなおさら思ってしまう。 けど、これを辿る方が解決が早いので頑張る必要がある。 「うわ〜!みなかったことにしちゃお!」となるのを避け…

デバッグ時にバグを再現させる方法

デバッグするときにまず目指すのはバグを100%再現させることだが、調べるとっかかりがないと焦って闇雲にコードを変えてしまったりする。焦らないようにするため、注目する観点を整理する。 画面に関するデバッグ # 前提 「〇〇画面で××したとき▲になりまし…

デバッグするときの心得

自分は地道にデバッグするの好きなんだけど、少数派なのかもしれないと思ってきた。アプリが動作しないと設定を初期化したりすぐ(Nodeとか)バージョンアップしようとする人が意外と多い。— もふもふ (@froakie0021) 2022年5月27日 これは新卒のときの自分…

機能を作るときに気をつけること

何か、特に機能を作るときに具体的なやり方から考えるのではなく、大まかな方針から考える。 〇〇関数を使って××のパラメータを△に加工して…など、実装の詳細ロジックから考えるのを避ける。 APIで取得した値を△にする程度のみ考える。関数だったらINとOUTの…

トラブルシュート中に矢継ぎ早に質問をするな

アプリケーション障害など、トラブルが発生した際報告すると、「状況は?」「顧客影響は?」「今どこまで進んだ?」「〇〇は見た?」など、間髪開けずにあれこれチャットで質問してくる人種というものが存在する。大変に迷惑かつ邪魔なのでやめていただきた…

星のカービィ ディスカバリー感想(ネタバレあり)

割とネタバレしてると思います。嫌な人はブラウザバックしてください。 アルセウスを放置し、ゴールデンウィークを使って100%クリアできた。ので感想を書く。カービィは過去シリーズも割と遊んでいる。 www.nintendo.co.jp カービィバーガーを食べるカービィ…

内容がない会議通知を入れないでほしい

会議通知を入れるときにお願いしたいこと 概要欄にアジェンダを書いてほしい 使うドキュメントのリンクを貼ってほしい 終了条件を書いてほしい 概要欄にアジェンダを書いてほしい お願い事項のほぼ8割はこれ。会議は参加者の意見を交換して何かを決めるため…

FY21_4Q振り返り_業務外

業務外のこと 本当は業務と一緒にしようと思ったが、長くなりすぎたのでやめた。 創作 技術書典に復帰した。まさか賞をいただくとは思わなかったし、授賞式の時に「(この本からは)筆者の業務に対する真摯な姿勢が伝わってくる」とコメントを頂いたのが本当…

FY21_4Q振り返り_仕事編

昨年までは年末に一年分をまとめて振り返っていた。今年から四半期に一度振り返ることにした。理由は年末だと年初の仕事内容がうろ覚えになってしまうため。加えて、振り返り回数を上げることで改善サイクルをきちんと回せるのではないかと考えたため。 社会…

Fastly User Meetup 4に参加した

fastly-community.connpass.com 仕事で関係があるので…。あと他社事例とかは結構気になっていたので色々聞けてよかった。 以下印象に残ったところのメモ。 Fastly Intro ログのリアルタイム取得はReal-time analyticsで取る話かな。ログエクスポートだとPOP…

エンハンス開発におけるアンチパターン:設計改善してデグレを引き起こす

運用歴が長いプロダクトはコードがカオスになりやすい。 プロジェクトに参加してコードを見ると「うわ〜なんだこれ…」とゲンナリして、自分が知っているより良い設計・良いコードに修正したくなる。 確かにコードの見通しが良くてイケてる設計の方が良い。そ…

WEB+DB PRESS Vol.127 を読んだ

WEB+DB PRESSは毎号買っているが、今月は特に気になるトピックが多かった。 gihyo.jp 特に特集1の『実践リファクタリング 凝集度と結合度を学び,保守性と生産性を高める』の2〜4章が印象に残ったため感想を書いていく。 凝集度と結合度の由来解説ありがたい…

『デジタルクリエイターが紙の手帳に立ち向かってみた』を読んだ

先日の技術書典12でサークル名メルトラテクノロジーズさんの『デジタルクリエイターが紙の手帳に立ち向かってみた』を買った。 techbookfest.org 昨年の振り返りにも記載したが「気になることがあるとモヤモヤを引きずってしまう」のが課題と思っている。 紹…

ポケモンLEGENDSアルセウス感想(ネタバレなし)

2022年、大型ゲーム多すぎか!?ということで感想をメモしておきます。 まだストーリー途中なのでシステムとか印象とかの感想。ポケモンは一応全作品遊んでます。 www.pokemon.co.jp 対戦ルール ゲームシステム UI その他 対戦ルール 対戦の進み方がだいぶ変…

グダグダになりやすい会議の特徴

前よりも会議に出る機会が増えた。1 色々出ていると効率良く進むものとグダリやすいものがあると気づく。両者の違いが見えてきたのでまとめておく。 結論を先に述べると、会議は事前準備が8割。これに尽きる。 アジェンダがない会議 「ちょっと相談したいで…

技術書典12に参加した

約2年半ぶり1 に技術同人誌を作り、技術書典12にサークル参加した。感想を雑に書いておく。 techbookfest.org 審査通ってたので技術書典出ます。ドキュメントも担当者もないアプリケーションをメンテする際どうやって頑張るよ、という話を書きました。 #技術…

2021年の仕事納めしたので振り返りする

りまりま団のもふもふです。 2021年の仕事を納めたので振り返りたいと思います。 昨年版→2020年の仕事納めしたので振り返りする - りまりまだんの本拠地 ちょっとずつ諸々再開した 結婚式が終わるまでは2020年同様「仕事をきちんとする。業務以外は何もしな…

ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論を読んだ

『ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論』を読んだ。 アウトライナーを使った執筆 冒頭に著者4名で執筆方法に関する対談パートがある。そこで皆アウトライナーを使っているのが印象的だった。アウトライナーとは、文字通り文章のアウトライン = …

画面部品に名前をつける

UI開発するときは機能名だけでなく、各部品に名前をつけた方がいいなと思うようになった。 とにかく部品に名前をつける。汎用的ではなく、一意に意味がとれる名前にする。 例えばクリックすると記事が追加できるボタンなら「記事追加ボタン」とか。リソース…